新規の人は必見です

気になるプランが盛りだくさん!

基本的なレジ機能に加え、様々な方法で決済ができるタブレットレジが月々五千円以内で使い放題です。近年は無料で提供する会社も増えており、0円で数多くの機能が活用できます。

最も多かった導入理由

no.1

もっと便利に使いたい

レジスターの専用機をもっているか、使いこなせているかわからない。この場合、多くの人がもっと便利に使いたいと思うはずです。タブレットレジは専用機をより賢く使うための機器になります。

no.2

古くなったので導入したい

昔から使っている型は古く、使い勝手が良くないのが難点ですが古くなったことを理由に新しくしたいと考える人が多いようです。タブレットレジについては導入の仕方がシンプルなのと機能性がある理由から選ばれています。

no.3

今のレジでは使いづらい

機能が少なくいざという時に使えない等の理由からタブレットレジにする人は沢山いらっしゃいます。専用のアプリを自らダウンロードするので、自分たちが使いやすいレジにできる所を魅力に感じる人は大変多いでしょう。

no.4

機能が複雑すぎる

機能性豊かなのは有難いですが新人指導の時に使いこなせなければ宝の持ち腐れになります。無駄な機能が多いと業務に支障をきたすでしょう。そのような理由でシンプルで且つ使用しやすいタブレットレジにする人が増えています。

no.5

新規開業の時

新しく自分のお店を開く時に、タブレットレジの導入を決めるようです。メーカーやタイプで接続できる周辺機種が異なるので、安易に決めず何がお店に必要かを先に考えて導入をしています。

導入前のチェック

タブレット

初期費用はどのくらい?

タブレットレジの場合、無料で提供するのがほとんどですが、会社によってはタブレットレジを導入する時に工事費や設定費用を支払わないといけません。この辺は事前に問い合わせた方が確実でしょう。

月々にかかる費用

0円から一か月単位でお金が発生するプランなど会社によって様々です。有料のサービスを使う時は、アカウントの数と機能制限、商品の登録数で月々にかかる料金が異なります。

他にかかるもの

他の店舗でもよく導入されているのがクレジットカード決済機能です。決済額に応じて手数料がかかりますが、カード会社によって基本料金が発生します。

必要な周辺機器

レシートを印刷するプリンタ、現金を引き出す際に使うキャッシュドロア、支払金額をお客さんに伝えるためのディスプレイはタブレットレジを導入する前に準備しましょう。これがないと正しくお会計をすることができません。