最も活用する業種とは

続々と普及している

リピーターが増やせること、客層や客数の把握ができる等の特徴を持ったタブレットレジは、飲食店をはじめイベント時に活用できる多様性ある次世代レジです。

とにかくメリットが沢山

低価格で安い

従来のレジだとハイスペックの場合導入に100万円近い資金が必要ですが、タブレットレジだとその半分以下で導入できるか、もしくは0円で利用できます。安いという理由から導入しやすくなったとの声が増えており、ますます人気に拍車がかかりそうです。

抜群の機能性

スーパーで使われているようなレジと違い、タブレットの場合は直接的にわかるような作りなので新しい人や年配の従業員も簡単に扱うことができます。レジ操作を覚えるまで時間がかかってしまいますが、タブレットレジを導入したことでその問題をほとんどの店舗が解消しています。

アプリが豊富

タブレットのレジ機能はすべてアプリが提供します。最新の税率はもちろん、法律に従ってアップデートを行なうことができます。アプリだと必要に応じて導入しやすく、使いたいシーンに合わられるのが最大の強みです。

分析ができる

売り上げ管理だけではなく、各商品がどの時間帯に売れるのか細かく分析し、集計するのがタブレットレジの仕事です。売れ筋商品を元に新しい商品やメニューを開発する時も情報を引っ張り出して行なうことができます。

管理が簡単

タブレットレジは一つで様々なことができる多様性を持ち合わせていますが、従来のレジよりも機能性が高く、支払い面ではクレジットカードの導入も可能です。他にも顧客情報管理や勤怠管理までそつなくこなしてくれますよ。

最新レジを導入している業種

男の人

飲食店

居酒屋やカフェ、レストラン等、様々な場所で使われているのがタブレットレジです。特にメニューの数が豊富な居酒屋はオーダーを取る時に活躍するシステムと在庫管理ができる機能があると仕事がはかどりますし、効率アップが見込めます。

小売業でも活躍

百貨店やアパレル、ドラックストアでも多く見かけるようになりましたが、在庫管理や棚卸があるなら尚更タブレットレジが必要です。例えば、在庫確認のために倉庫へ行き一つひとつ確認するのはクレームにも繋がりますし手間がかかってしまいます。タブレット一つで在庫確認ができると対応が早いとお客さんから高く評価されるでしょう。

サービス業

主にネイルサロンや美容室、歯科医院、整骨院といった人を相手にする商売にタブレットレジは欠かせません。予約管理をはじめ、各お客さんに提供するサービスを分けられる点は見どころでしょう。患者の今の状態を管理でき、ヘアスタイルを変える時もタブレットレジがあれば画像を見せて相談に応じることができます。